超小型モビリティー(電動ミニカー)の全天候タイプ試作車が完成。
News(最新情報)

2012年11月7日[お知らせ]

超小型モビリティー(電動ミニカー)の全天候タイプ試作車が完成。

20121107-1

20121107-2

今回の4輪ミニカーは、2014年に国土交通省が50年ぶりに新車区分を追加する事が、本年6年に発表されました。弊社においてもこの新車区分での車両の開発を行なってきました。

今回アクセスμ001X-FF2W1(掲載写真)は、弊社が2002年より電動バイクを中心に、4輪シニアカー、3輪・4輪ミニカーを製造販売してきたノウハウを総結集した車両になります。

駆動は、エネルギー効率の良い前輪駆動で販売価格を抑える目的で1モーター駆動にしました。販売価格49万円を目標に量産設計を進めています。

主要部品は中国で生産し、シャーシ・ボディーは国内にて生産する予定です。販売当初は、FRPボディーで月産30台の体制、2015年には金属ボディーにより量産を可能にし、月産1,000台まで可能な設計にしていく予定です。

仕様

寸法 全長2,450m/m 全巾1,290m/m 全高16,00m/m
駆動 前輪差動装置付きセンターモーター駆動
原動機 60V-3.6Kwブラシレスモーター
バッテリー 鉛シリコン 12V80Ah × 5個
タイヤ 前後:10-155/60
装備 ワイパー、FM/AM/USBラジオ、シガライターソケット
オプション 室内ヒーター(2万円)、室内クーラー(12万円)
Share