電動バイク「ラングL」に乗ってみた(2)
News(最新情報)

2016年3月3日[試乗レポート]

電動バイク「ラングL」に乗ってみた(2)

DSCN2395

 

今回のミッションとは・・・

アクセス Web担当スタッフです!

前回に続いて、当社の電動バイク「ラングL」に乗ってみた感想を書いていきます!

≫ 電動バイク「ラングL」 製品紹介ページ

 

今回の試乗のミッションは、
「ちょっと遠くのコンビニで買い物してくる」です(笑)

実は会社のすぐそばにコンビニがあるのですが、
わざわざ遠くに行くのがドライブの醍醐味ですね(^^)

実際の使用では、数十kmは余裕で走れますし。

*すぐ帰ってきたら、仕事してる感じがイマイチ出ないし(・∀・)

 

それではやっと出発します!

 

電動ならではの静かな乗り味が楽しい!

まず、私にとって最大の注目点は、「電動バイク」ということでした。

普通の(ガソリンエンジンの)原付バイクは乗っていたことがあるのですが、
電動バイクは今回が初めてです。

どんな感じなんだろう・・・と思いながら、路上に出発。

DSCN2412

 

・・・ものすごく静かです。

周りを多くの車が走る中、自分だけウィーンと静かに走行するのが、なんか不思議(笑)

車から見たら、ほぼ無音で走るバイクはどのように見えるのだろうか?

謎の存在感があるかも(笑)

 

ウィンカーを作動させると、大き目のブザー音が鳴るので、最初気になりました。

DSCN2088

ただ、エンジン音がしない分、存在をアピールできて安全だと思いました。

慣れれば何とも思いません。

 

それにしても、アクセルを開けると、静かにトルクが増していく感じは、未来の乗り物っぽくて楽しい!

普通の原付バイクとすれ違うと、ちょっと優越感があります(笑)

 

十分パワフルで実用的に走れた!

ちょっと広めの道に出て、速度を上げてみました。

前回の記事で、パワフルに走れる点を挙げましたが、乗ってみてよく分かりました。

市街地の道路では、十分に余裕を持って走れます!

車にあおられて怖いと思った場面はありませんでした。

*この時点で、コートを着忘れたのを後悔しました・・・

 

試乗した道に、多少の坂があったけど、そのまま登れました。

パワースイッチを入れれば、さらに出力が増すので、日常領域では不自由なく走れる印象です。

DSCN2087

パワースイッチを入れるタイミングは、「ちょっと坂がきつくて大変かな」と思ったときがよさそうです。

*間違えてキルスイッチを押さないように、注意が必要です。

 

ブレーキは、しっかりよく効く感じで、前後ディスクブレーキの性能が出ていると思いました。

DSCN2409DSCN2411

「モーターへ逆電流を流して減速させる」制御がされているんですが、
体感として「よく効くブレーキで安全に止まれる」感じになっていました。

 

コンビニに着きました

思いのほか走りが気持ちよく、予定より遠くまで来てしまいました(^^;)

ちょうど体も冷えてきたところで、コンビニ発見!

駐輪場が広めだったので、そこに停めました。

DSCN2393

 

「ラングL」のシート下には、ハーフサイズのヘルメットが収納できます。

また、500mlペットボトルの入るドリンクホルダーと、コンビニフックがついてます。

DSCN1715

こういうのが、ちょっとした買い物や、通勤通学にすごく便利なんです。

 

さて、買い物も済んだので、会社に戻ります!

(その3へ続く)